最新記事一覧

オンデマンドとオフセット

印刷

特徴で使い分ける

印刷の種類には大きく分けて「オンデマンド印刷」と「オフセット印刷」があります。チラシ印刷の際にはこれら二種類の特徴を知っておくと、最適な方を選ぶことができます。オンデマンド印刷のオンデマンドとは「要求があったときにその都度」という意味です。オフセット印刷との最大の違いは、印刷するときに版を作らないということです。それだけ印刷にかかる時間も短くなり、安く仕上がります。小回りのきく印刷方法と言えるでしょう。ですから少部数のチラシ印刷や、たとえば地域ごとに内容を変えるなど種類がたくさんあるチラシ印刷に向いています。あまりたくさんチラシ印刷をする予定がないときや、さまざまなデザインのチラシを少しずつ作りたいときなどにオンデマンド印刷が向いていると言えるでしょう。ただしCMYKのインクトナーでの印刷になるので、いわゆる特色(DIC)は使えません。オフセット印刷は版を作って印刷します。ですから印刷の品質はオンデマンド印刷と比べて安定します。大規模に流通している商業系の印刷はオフセット印刷と考えて間違いないと思います。チラシ印刷も大量に行うのであればオフセット印刷がおすすめです。大量に印刷すれば単価も下がります。こちらは特色(DIC)を使用することができます。少部数でも印刷物のクオリティを追求したい場合はオフセットの方が現在の技術では仕上がりが綺麗だとされています。ただし少部数だと単価はオンデマンド印刷と比べて版を作る分割高になります。

Copyright© 2018 チラシ印刷なら専門業者に依頼しよう【会社の比較材料を解説】 All Rights Reserved.